ANATOMY OF A SHOE♪

今回は自分の足に合った靴の選び方をご紹介します★

PUMPS

1:圧迫感がなく、かかとを上げても脱げない状態。
かかとの両側からぐっとつまんだときに2〜3mmの余裕があると良い。


2:つま先が当たらないように1cmくらいの余裕が必要。


3爪が分かるほどの圧迫がなく、靴の上から手の親指でおしつけたとき、
中に隙間があると良い。


4:きついと感じるくらいの圧迫がなく適度にフィットしていると良い。
逆に余裕すぎると足が滑ってしまうので、足の上から覆うようにして
手を置き、両側から押して確認する。


5:くい込みや、隙間がなくフィットしている。 *履き口の縁の部分


6:トップライン(履き口の縁)が、外側のくるぶしに当たらない 高さにある。


 

 

 

 

SANDAL

サンダルの場合、特にヒールのあるものは歩いていると
足が前に滑りやすいので、大きめよりはぴったりサイズがおすすめ。
かかとがぴったりか、靴より5mm位出ているほうが綺麗に見えます。


 

是非参考にしてみて下さい♪♪

「靴が好き!」好きを仕事にしよう。

求人採用/エントリー